ラクトゲン受容体

 ビジンズ・スタイル > 育乳 > 基礎知識 > ラクトゲン受容体

ラクトゲン受容体


ラクトゲン受容体とは

ラクトゲン受容体とは、主に成長期の女性の乳腺の中にできます。受容体とは、外界や体内の刺激を情報として反応を起すよう促す器官や細胞などのことです。ラクトゲン受容体の場合、成長ホルモンの作用によって胸が大きくなるよう促します。

女性の場合、通常15歳前後(13〜17歳頃と言われています)にラクトゲン受容体が作られますが、ちょうどその頃成長ホルモンの分泌もさかんになるために、この時期にバストが大きくなります。

Google広告Cookieとプライバシーに関するポリシー

ラクトゲン受容体の性質


ラクトゲン受容体の有無

ラクトゲン受容体は、必ずしも全ての女性にあるものではなく、ラクトゲン受容体が一生できない人もいます。一方で、20代、30代になってラクトゲン受容体ができる人もいて、この場合成長ホルモンが分泌されれば胸が大きくなります。

20代、30代に胸が大きくなったという話は、成人後にラクトゲン受容体ができた上で成長ホルモンが作用したからという理由によると考えられます。

成長ホルモンの分泌を促す


筋力トレーニング(筋トレ)と睡眠

ラクトゲン受容体をつくることはできませんが、ラクトゲン受容体ができている人なら、成長ホルモンの投与や成長ホルモンの分泌を促すことでバストアップすることができます。成長ホルモンは、筋力トレーニング(筋トレ)や睡眠によって分泌されます。

筋力トレーニング(筋トレ)

成長ホルモンは筋力トレーニングによって分泌されます。筋力トレーニング(筋トレ)を行ったときに切れた筋肉を補修するため、脳下垂体から成長ホルモンが分泌されます。

この成長ホルモンを分泌させるためには15分程度の筋力トレーニング(筋トレ)でよいとされています。ただし、成長ホルモンの分泌のためには筋力トレーニング後、身体を休息させる必要があるため、睡眠前の筋力トレーニングがもっとも効果的です。

成長ホルモンが分泌されるのは、筋力トレーニング後、約3時間。そのうち成長ホルモンの分泌がピークとなるのは筋力トレーニング後30分です。筋力トレーニング後、少なくとも1時間程度は仮眠をとると成長ホルモンの分泌が促進されます。

睡眠

成長ホルモンは、睡眠中にも分泌されます。睡眠に入って30分ほどで、成長ホルモン分泌量はピークとなります。

特に、23時〜24時、2時〜3時の2回に多く成長ホルモンが分泌されるため、睡眠によって成長ホルモンの分泌を促すためには、少なくとも10時半には就寝することが望ましいといえます。

Google広告Cookieとプライバシーに関するポリシー

バストケア

ジャムウ・ハーバルソープ

その存在を知ってから、ず〜っと使い続けている石けん。乳首だけでなく、肘(ひじ)や膝(ひざ)、脇(ワキ)、Vライン(ビキニライン)Iライン(大陰唇・小陰唇)Oライン(肛門周囲)の、黒ずみ・臭い。ジャムウの石けんは全部で3種類あってすべて使ってみましたが、サイト開設当初から売られているこの商品が一番好きです。

ジャムウハーバルソープ←こんなシンプルな石けんですが、定期的に購入。旅行にももって行きます。値段のわりに小さい石けんなので、部分使いしています。部分使いするとすごーく長持ちします。
ここの商品はグロスとかクレンジングも好きで、いつもまとめ買いです。